女の人

老け顔に見られないように目元のたるみを取り除こう

  1. ホーム
  2. たるみの種類別治療法

たるみの種類別治療法

先生

目元のたるみにはいくつかの種類があります。人によってたるみの状態も異なってきますので、自分の目元にあるたるみがどのような状態になっているかを知っておくといいでしょう。目元のたるみは大きく分けて二種類になります。皮膚から潤いが失われて垂れ下がったようにたるむ状態と、皮膚に脂肪が溜まり膨らんだように見えるタイプです。通常はこのどちらかのタイプになるのですが、二つのたるみが出来てしまうケースもあります。目元のたるみ方によって行なう治療が変わってくるので、自分のたるみがどのタイプになっているのかを把握しておくといいでしょう。もし、判断が難しいのであれば美容外科の担当医に相談するのもいいですね。相談をする場合は無料カウンセリングを利用するとお得です。また、美容外科のホームページで治療法について下調べをしておくと、説明を聞く時に理解しやすくなります。費用も記載されているので予算が決まっている方はしっかりと調べておきましょう。

目元のたるみを取り除く治療は状況や種類によって異なるのですが、脂肪によって膨らんだ場合の除去方法としてメスで一部の皮膚を切開する可能性もあります。治療の痛みに関しては、局部麻酔を利用しますので安心出来ます。また術後の傷跡ですが、切開する部分を最小限に抑えて治療しますのでほとんど目立ちません。目元の膨らんだたるみが消えることで見た目も大幅に若返りますので、多くの方が美容外科で治療を受けています。美容外科で治療を受ける前にはいくつか担当医との打ち合わせがあります。どの場所のたるみを取り除くのか、どういった施術で治療するのか等が打ち合わせの内容になっており、こうした打ち合わせの元治療が行われるのです。美容外科にいけばすぐに治療出来ると思っている方もいるようですが、カウンセリングもなしに治療に移ってしまうと術後の仕上がりが自分の思っていたものと違うものになってしまう可能性もあります。こうしたトラブルを避けるためにもしっかりと打ち合わせやカウンセリングを行なう必要があるのです。

美容外科には様々なドクターが在籍しており、個人個人で得意な治療、性格、雰囲気といったものが違います。自分とフィーリングの合うドクターを見つけることも治療を成功させるためには必要なことと言えます。話しやすさや治療の腕前をしっかりと見極め、目元のたるみを除去してくれる担当医を探していきましょう。担当医が選べる美容外科であれば、美容外科自体のホームページに各ドクターのプロフィールが載っています。そのプロフィールには得意な治療や施術、役職などが記載されているため参考になりますし、写真が付いていることもあるので雰囲気を確認することも可能です。様々な方法で美容外科や自分の希望を叶えてくれるドクターを探して目元のたるみを除去しましょう。