目元のたるみでお悩みの方へ。

老け顔に見られないように目元のたるみを取り除こう

たるみの種類別治療法

先生

目元のたるみにはいくつか種類があります。脂肪によって膨らんで見えるたるみもあれば、皮膚のハリが失われて出来るたるみもあるのです。たるみの種類によって変わる治療法を調べてみましょう。

目元のたるみの除去治療

鏡を見る女性

年齢とともに気になってくる目元のたるみ。このたるみを除去するためには美容外科で除去治療を受けるといいでしょう。ここでは美容外科の行なっている目元のたるみ除去の治療内容の紹介をしています。

老け顔に見られる原因

鏡を見る女性

同じ年齢でも老けて見える方にはいくつかの原因があります。その原因の多くは顔に現れ、それがあると老け顔という印象を与えてしまう程悪影響を及ぼすのです。老け顔の原因の一つとしてシワとシミがあります。シワやシミは紫外線や老化によって発生するのですが、小さなシワやたくさんのシミがあると老けて見えてしまうのです。また、もう一つの老け顔の原因にたるみがあります。皮膚が垂れ下がっている状態のため、口角や目元が下がって見えてしまい暗い印象や不健康に見えてしまうのです。その印象や見た目が老けて見える原因となっており、実年齢よりも年を取って見られてしまう方々を悩ませています。シワやシミ、たるみがない顔になれば、実年齢よりも若い見た目になれますし美しい顔となるでしょう。

たるみは目元だけでなく体の様々な場所に出来ます。二の腕や脚、首にも年を取ってくると出てくるのですが、これらのたるみに効果のある治療を美容外科では行なっています。美容外科で行なう体のたるみに効果のある治療として「ヒアルロン酸注入」が人気を集めています。ヒアルロン酸は体の中にある成分の一つとなっており、細胞に潤いをもたらす成分となっているので、たるみの治療にはうってつけの成分なのです。特に目元は乾燥や水分が失われることによってたるんでくるので、ヒアルロン酸注入が効果的とされています。またヒアルロン酸によって肌の細胞に潤いを取り戻すことで細胞自体にハリやツヤが戻り、シワを消す効果も持っています。

ヒアルロン酸注入以外の治療法で体のたるんだ部分を改善させる治療法にレーザー治療があります。レーザー治療はヒアルロン酸注入とは違い、専門的な医療器具を使って肌の細胞に刺激を与え、その刺激によって細胞を活性化させてコラーゲンを生成させる治療となっています。コラーゲンもヒアルロン酸と同様に体の中にある成分なのですが、この成分は食べ物で摂取するのが難しいので美容外科で行なう治療のほうが効率良く増やすことが出来るのです。

目元だけでなく顔全体のたるみを解消させる治療として、いくつかの美容外科で取り組まれている治療にリフトアップ治療と呼ばれる治療があります。表情筋の衰えによってたるんでしまった皮膚を内側からつり上げ、たるんでしまった皮膚を引き締めるという治療法です。顔に入れる素材は人体に影響が出にくい素材を利用しているのでアレルギー反応の心配も少ないとされています。しかし、つり上げる為の糸を顔に挿入する際に傷跡が出来てしまう可能性もあるので、治療を受ける場合はしっかりと考えて受けるようにしましょう。傷跡や治療したことをバレないようにしたいと考える方には、ヒアルロン酸注入や美容効果の高い成分を注射する治療が向いていますよ。

注射を使った治療は傷跡も目立ちませんし、治療時間も短いです。また値段も安いですし、治療を施せる箇所が多いという特長を持っています。たるみが気になる方には細胞を活性化させる効果を持つ成分を注入し、ダイエットをしたいと考える方には脂肪燃焼効果を持つ成分を注入することが出来るので利便性も高いです。チクッと刺す痛みが苦手な方は事前に相談しておくことで局所麻酔や麻酔クリームで注射をする部分だけの感覚を麻痺させることが出来るので心配する必要はありません。目元のたるみの治療は基本的に目の下に施されるのですが、眉に治療を施してたるみを改善させる方法もあります。眉の付近にメスを入れるので万が一傷が残ったとしても眉毛に埋もれて目立たなくなります。また、傷口の回復も早いので一週間も経てば気づかれないほど自然に治っていきます。治療や傷の回復は個人差があるので、必ず決まった日数が経てば治る、というわけにはいきません。しかし、前もって担当医と話をしておくことで完治の目安となる期間を知ることが出来るのでスケジュールも組みやすくなります。術後のケア方法なども併せて聞いておくとより早く治療することが出来るでしょう。

美容整形クリニック選び

頬を触る人

美容整形クリニックは慎重に選びましょう。選んだ美容整形クリニックの技術や治療法次第で目元のたるみの除去の効果が大きく変わってくるのです。クリニック選びのコツを知っておくと良い結果に繫がるでしょう。